時計2

小学3年生くらいから20歳くらいまでしていた時計
私が成人するまでずっと私の腕にあった。

セイコー・ロードマチック

母が買ってくれた物だから捨てられないで保管してあった。
振ったらまだ動き出して健在だ。
でも本体のステンレスや風防ガラスが傷だらけカケだらけだ。



私が20歳くらいの頃には腕時計は安い物は3000円くらいから
いつのまにか買える様になっていた。

母から買ってもらって、もっと大切に使っていたらと
後悔と懺悔の念にかられながら
確か5~6千円の腕時計を初めて自分で買って
そのとき以来、セイコー・ロードマチックは着けなくなった。

それからは、大体3000円~10000円くらいの腕時計を
古くなったり飽きる度に5~6個くらい買い換えてきた。
そのどれも破棄してもう残っていない。

100円ショップで100円の腕時計が売られてる頃には
腕時計すらも着けなくなって、携帯電話で時間を見るようになった。

そして最近になって妻からロレックスを買ってもらって
30年ぶりくらいに腕時計を身につけた。

なので、腕にすごく違和感を覚える。

私が腕時計をしていた頃が懐かしく想いおこされる。

そこで冒頭に書いた、母に買ってもらった腕時計を
引っ張り出してみる気になったということだ。
オーバーホールして綺麗にしてみたい気持ちになった。

サファイアガラスの風防を取り替えて
日に焼けた文字盤も取り替えて
メンテナンスしてもらえるのだろうか?

合う交換部品が存在するのだろうか?
有ってもいくらかかるのだろうか?

たぶん数十万円はかかるだろうなぁ。

直したって腕時計なんて今更する気にはならないし
ましてや妻から買ってもらったロレックスもある。

でも、今更腕時計をするとしたら妻には悪いけど
母が買ってくれた時計を綺麗に直してまた腕にしてみたい。

そんなことを想って、その時計を腕にしたりして
眺めていたらウチの娘が・・・

「ねぇ、この時計綺麗に直すつもりなの?だったら私に頂戴」

私「えっ?これメンズ物だし、相当重いよ」

「でも、これパパが私の年齢くらいの頃からずっとしてた物でしょ?」

私「そっか~、そうだね。もうそんな歳になるんだね。
もし本当に着けてくれたらパパも亡くなったお祖母ちゃんも嬉しいね。
先祖代々受け継いでいってもらえたら凄いことだし。
ただまぁ、ママからもらったロレックスはどうするかって話だけどね。
パパ一代で身に着けて、その内売ってしまうかどうか」

娘に男物の腕時計させるのもどうかと思うけど
デザイン的には1968年製のセイコーロードマチックにしては
非常に珍しいデザインがオーバルカボッションなので
重いけど、形は女の子がしてても違和感はそれほどなさそう・・・。

まじで数十万円かかっても綺麗に直せたらいいなぁ。

でも、ウチの娘、飽きっぽいからなぁ。

どこまで娘が当てになるか、それが問題。


[PR]
by rhinoman | 2017-08-02 02:37 | Comments(0)