お盆

c0226569_02092709.jpg

普通、仏壇というものは奥座敷に置いてる家が多いけど
ウチの場合は、玄関から上がってすぐの、お客さんにも丸見え
窓を開ければ外を歩いている人からも丸見え
一日の始まりの朝日も良く当たる
接間にド~ンと置いてある。

お盆となると飾りつけも栄えて、なお更目立つ。

何で、仏壇をそんな目立つような置き方してるのかというと
私は仏壇て本来ならば、奥座敷にひっそりと置くようなもんじゃないと思ってるからだ。

ただし、お客さんが見ても仏壇であっても
というか仏壇こそ
なぜか不思議と清々しすら感じさせる様でなくてはならない
・・・という手本を示すため、遺影写真などは飾らないことにしている。
お盆ですら、飾らない。
今年は久しぶりに飾ってみたけど目立たないように心がけている。

ところで、ウチの娘に「ナスの牛やキュウリの馬を何で飾るの?」と聞かれたので

「ご先祖様が来るときはキュウリの馬で早く来て欲しい
帰るときは名残惜しいのでナスの牛でゆっくり帰って欲しい
という気持ちが込められてるんだよ」

と娘に説明しながら
良い話だと自分で感動して涙ぐみそうになった(苦笑)

歳とると、やけに涙もろくなりますね・・・。


[PR]
by rhinoman | 2017-08-14 02:33 | Comments(0)