君の名は

「君の名は」といったら

「真知子巻き」と言えなくなってしまいました。

そう

新海監督映画の「君の名は」が
大ヒットしてしまったからですね。

この監督の作品の絵の綺麗さには以前から
注目していましたが、ストーリーがどれも・・・
で残念だと思っていました。

しかし

やっとそうではない作品を生んでくれました。

やはり、人はどんな作品や物に対しても
少なくとも2つの要素で「良さ」を感じないと
評価しないということの表れだと思います。

しかしながら絵は以前から最高です。

特に光の使い方ですよね。

たとえば・・・

c0226569_16554270.jpg


(youtubeから拝借、問題あればすぐに削除致しますのでご一報を)

素晴らしいところは
指摘すれば沢山あり過ぎて、どうしようもないのですが

あぜ道にバイクが停めてある風景

手前をなんでワザワザ日陰で表現するのでしょう?
こういうところが流石としか言いようがありません。

こんなことされたら映画館で観ている人が自然と
映画の中の風景に入り込んでいってしまいます。

ところで人の名前・・・。

自分の名前は誰も自分で決められないですよね(笑)
みんな親から戴くわけですから。

自分の名前が気に入らないで
後で自分で改名してしまう人の事は例外として下さい。

私にも娘がいますが
娘は一生私のつけた名前を背負って生きていくのです。

娘が人生で出会う人
縁する人、全ての人からその名で呼ばれ
思い出を作り、愛を育み
そしてその名で大人になっていくのです。
私のつけた名前で

そう思うと娘の事が愛おしくて堪らなくなります。

娘は娘で、いつの日か
親がどういう思いでその名をつけてくれたのか
理解する時が来るでしょう。

人の名は

まさに人と人とを結ぶもの

人の心と心を繋ぐものですね。

君の名は

そもそも
このタイトルの物語に駄作があるわけがありません。



[PR]
# by rhinoman | 2016-12-19 17:13 | Comments(0)

いつか來た迪

人生半ばも過ぎれば

いつだったか?
これは一度経験したこと

一度歩いた道

そんなことがあります。

いつ?

どこで?

誰と?

夢の中だったか?

現実だったか?

それとも輪廻転生、過去の世で?

もうそんなことはどうでも良いですね。

らせん階段を下りてるのか?

上ってるのか?

それだけを問題に致しましょう。





[PR]
# by rhinoman | 2016-12-19 09:45 | Comments(0)

アドバイザー

ライノ日記は終了します。

当ブログが

新たなことに挑戦しないでいる
気休めにもなってたり
妨げにもなってたり・・・。

今まで見てくれていた皆さん
有難うございました。


[PR]
# by rhinoman | 2016-12-07 18:34 | Comments(0)