ブログトップ

Rhino Journal

with the rhinoceros


by rhinoman

profile

c0226569_03125409.jpg

ジュエリー職人17年経験後、デジタルへ移行。
rhinocerosの各バージョンの良い所どりでデータを描いています。
本当は一本に絞りたいのですが
各バージョンには各バージョンの良さがあるから困ったものです。

(注)「良さ」は設定の問題ではなく性能・結果の違いという意味です。

c0226569_03504762.jpg

ジュエリーを描くにはライノが一番適しています。
なぜなら綺麗な曲面が描きやすいからと
ブール、フィレット、オフセットにも強いからです。
複雑にねじった形状などはライノ以外のモデラーでは厄介です。
決められた曲率、寸法をキッチリ出せ、重量計算が出来るのも利点です。

c0226569_00153363.jpg

しかしながら弱点もあります。具象物には弱いです。
具象物といえば本来はポリゴンモデラー
現在ではもう具象物といえばZブラシ(固有名詞)でしょう。
しかしながら、私が始めた頃はZブラシなどありませんでした。

c0226569_15475273.jpg

ジュエリー描いていても、一年に一回くらいたま~に来る具象物のお仕事
それだけのためにポリゴンモデラーも習得するか否か、習得しても
お絵かきソフト(CGソフト)で描いたところで造形が出来るかどうか・・・。
ライノで頑張って描くしかありませんでした。

c0226569_15452938.jpg


ライノで描こうとすると誰でも描けるわけではない具象物。
私にも当然無理と思いながらも、初めて具象物にチャレンジし
描いたスカルが絶品だと周りから評価され
いつしかそこに私は快感を覚えてしまったのです。

c0226569_22100539.jpg

具象物を描いて習得した心得は
「なにも具象物に限らず、ジュエリーを描くにしても
出来るだけシングルサーフェスでを前提に
どこをポリサーフェスで描き、どこをシングルサーフェスで描くべきかの見極め
そして最小限度のアイソカーブで複雑な形も描く訓練を積むことによって
仕事の効率もグンとアップする」というオペレート理念を唱え始めました。


c0226569_20585511.jpg
理念を唱えるだけではなく、どうすればそれを可能にするかのノウハウ・裏技
誰も知りえない描き方の世界に踏み込んで行きました。

本当に踏み込んだかどうか疑わしいと思っている人は
私のデータ画像を見て判断して下さい。
c0226569_17092068.jpg


私のデータが「アイソカーブがスカスカ、しかも綺麗」と言われ始め
それまでは素人から見ると、アイソカーブが複雑に絡み合ったようなデータが
凄そうに見えていたのが、それより遥かにアイソカーブがスカスカなのに
それでもっと複雑な形を描き切っている私のデータを見せられて
世間も「アイソカーブがスカスカの方が凄い」と認識し始めました。
それまではアイソカーブが密だろうが疎だろうがだろうが
どの業界の誰からも意識すらされなかったのを変えたのは私だと
自負しております。

c0226569_16424303.jpg


ところが、そうなると中には
「データなんてポリサーフェスのツギハギだらけだろうが
アイソカーブが汚かろうが、造形して形にして仕上げてなんぼでしょうが。
そのノウハウの方が遥かに大事で、データを綺麗に描くなんて自己満足の
何物でもない」という批判も多く受けました。

c0226569_16432967.jpg


さすがに、今ではそういう認識不足な人はあまり見かけなくなりましたが・・・。

c0226569_16445227.jpg

やっと正しい評価を受け始めた矢先
今度はZブラシという画期的なソフトが登場しました。

c0226569_16453568.jpg


ただでさえ、ライノセラスで具象物を描く難しさは
ライノユーザー自身しか知らないのに
今まで具象物が描けず困っていたライノユーザーまでが
「何もわざわざライノで具象物を描く必要なんかないよね
Zブラシがあるじゃん」と言い出し、私がライノで具象物を
描ける価値は無くなりました・・・

c0226569_16311657.jpg

c0226569_17564690.jpg


(私もZブラシ利用してます。バラの花弁の隙間を埋めるのに使いました↑)

かのようにみえますが・・・実は
ライノで具象物が描ける価値はZブラシが出てこようが
Zブラシで具象物が描ける人がいくら増えようが
その価値は普遍なのです。

c0226569_20544052.jpg

最初の話を忘れてませんでしょうか?
ライノは元々ジュエリーを描くのには一番適しているソフト。
そのソフトでジュエリーだろうが具象物だろうが
どちらにでも通用する一貫した描き方が最強だからです。

c0226569_12501091.jpg

ライノはコマンドが沢山あり、本来はライノはコマンドまかせで描くソフトです。
だからライノのコマンドを駆使することをライノを極めたと勘違いしている人が
大勢いても不思議ではありませんし、ある意味否定もしません。
しかし、いくらコマンドを駆使しても描けない、描きづらいものがあって悩んでいる人や
10年以上もライノで仕事してきた人が遠方よりわざわざ私に教えを請いに来るのです。

それは私の描き方が最強だということが普遍だという証明だと自負しております。


あっ後付ですが、今となってもライノで具象物描く大切な利点を忘れてました。
デッサン力がさほどなくても正確な具象物が描けるという最大の利点があります。
だって方眼用紙の上で描いている様なもんですからね
プロポーション崩れるわけがないです(笑)






[PR]
by rhinoman | 2017-10-14 06:27