ブログトップ

Rhino Journal

with the rhinoceros


by rhinoman

amazing!



前回の結果で0.1ミリの世界まで表現出来るということが解ったので
今回は遠慮することなく0.1ミリの世界を描こうとしたら
25ミリ四方の中に東京は0.1ミリでも表現出来ないことが判った。
なんたって世界一の大都会ですから、0.1ミリじゃ無理でした。
ビルの窓を0.1ミリで表現しようとすると
窓の数をかなり減らさなくてはならず
そうすると高層ビル感が出なくなってしまう。
ということで、もうこの際、開き直って
切削機の性能というか刃先の先端が0.1ミリということを
完全に無視してデータを描いた。
もしかして限界を切って表現出来なかった部分は逆に
「ぼんやりと」という感じに仕上がってくれたら
それが更に奥行き感を出してくれるんじゃないかなと
勝手に都合良く期待して・・・
c0226569_15362947.jpg

でっ・・・その結果・・・
やってくれますわ、この切削機。
なんで0.06ミリの窓が刃先0.1ミリで出せるんだか
出せたんだからしょうがない。驚くしかないw


このレリーフの深さ、正真正銘1ミリしかないんですけど

たった1ミリの深さでも、これだけ奥行き感を出せるんですね。


[PR]
by rhinoman | 2018-02-12 15:59